スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八橋検校=箏の名手  屋敷跡の碑

「八橋検校」 屋敷跡の碑

八橋検校の屋敷跡の碑
下京区 四条通室町下がる 西側
市バス・地下鉄・阪急「烏丸四条」徒歩1分


八橋検校(やつはしけんぎょ)・・・江戸時代初期(慶長8年-1614年生まれ)の箏曲の名手であり、代表作には「梅が枝(うめがえ)」「雲井の曲」等がある。
又、胡弓・三味線の名手でもあった「八橋検校」の屋敷跡の碑が、呉服で有名な「室町通り」の四条を少し下がったところにあります。近くには生け花で有名な「池坊学園」もあります。

八橋検校

「八橋検校」の死後 その業績を偲んで、箏の形を模した堅焼き煎餅(せんべい)が配られたと云われ、これが有名な京銘菓「八ツ橋」の始まりと伝えられている。
現在では堅焼き煎餅ではなく、軟らかい「生八ツ橋」が主流で京都土産のNO1で、修学旅行生の定番です。

●久のこだわり・・・最近は呉服の売上が今一つで、この辺り会社も少し元気がありません。
しかし、京都の町衆の心意気が見られる7月は八坂神社の祇園祭(1日~31日)で最大イベント17日の「山鉾巡行」に向けて山・鉾が組み立てられます。
この近くでは「長刀鉾」「菊水鉾」「月鉾」等有名で人気の動く美術館と云われるスグ間近で見られます。
重要文化財クラス・左甚五郎作の彫り物・有名画家の作品・江戸時代のベルギーやペルシャ絨毯に町衆の思いが~~~
16日の宵山は超込みますので、宵々山・宵々々山が「久」のオススメです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

続きを読む

スポンサーサイト

「化粧井の碑-小野小町ゆかり」 四条西洞院

IMG_0354.jpg

「化粧井の碑-小野小町ゆかり」 四条通西洞院南東角
地下鉄・阪急「烏丸四条」徒歩8分 市バス「四条西洞院」「四条堀川」徒歩3分
美人の代表「小野小町」が化粧をする時に使った井戸があったと云われている跡に建てられた碑です。昔はここより西側に堀川(現在は暗渠で上は堀川通)が流れていた。・・・

●久のこだわり
四条通をはさんで北側に四条京町屋という素敵な町屋内に井戸があり、「小野小町」の化粧水と同じ水脈の水が飲めます。この水を飲むと美人になれるかも??   
この京町屋には「水琴窟」があり、座敷も発表や会議に時間レンタルでき「久」も時々利用します。
IMG_0316.jpgIMG_0325.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

「京都市道路元標(げんぴょう)」

P1110887_convert_20110201115231.jpg
「京都市道路元標(げんぴょう)の碑」中京区 三条通烏丸南東角
大正9年(1919年)に東寺の市町村に道路元標が設置された。
中心部を選んで建てられ、道路の起点表示の原点となったり市町村間の距離表示の
原点となった。この写真の石碑が京都市の道路元標である。
元は三条大橋にあって移設されたとも云われている。
大正9年の京都府告示150号に府下の道路元標の位置が列挙されていて、京都市
道路元標の位置は「下京区三条通烏丸交差点角」と載せられている。
北緯35度00分19,3秒  統計135ど45分45,3秒

●久のこだわり
この京都市道路元標の石碑に気づかない人は多い。昔は「下京区~~」となっていますが、現在は中京区です。当時は上京区と下京区
で中京区はなかった。
むこうは三条通でレンガの建物は三条郵便局です。
P1110886_convert_20110201120149.jpg
P1110889_convert_20110201120621.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村
プロフィール

久

Author:久
生年・出身
1947年4月生まれ
兵庫県出身

趣味
京都ぶらぶら歩き、美術鑑賞

経歴
大学卒業後 大手百貨店入社 京都店に勤務
バイヤー・宣伝部(各展覧会、日本伝統工芸展担当)等を担当する。

●京都は歴史と伝統に溢れていますが、それは大路・小路を自分でぶらぶら歩いてみると実感できます。これまでの経験を基に、色々な先生 老舗の方 匠の職人 友人等の協力を得て京都ぶらぶら歩きの「ブログ」をアップします。

最新記事
にほんブログ村
ぽちっと押してね♪
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。