スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「雀休(じゃっきゅう)」中村さん・・・唯一の京独楽(こま) 

IMG_2601.jpg

中京 神泉苑町1・・二条城近・神泉苑近く  075-811-2281
●市バス「堀川御池」「二条城前」徒歩5分  地下鉄「二条城」徒歩5分


「雀休」さんは京独楽(こま)の唯一の店で「京に生きづく手しごと」=京都市伝統工芸懇話会の認定の五十店少々のなかの凄い店です。・・大嶋結納、和傘の日吉屋、京真田紐の江南、茶筒の開化堂など「久のこだわり」ブログで紹介済みです。

「京独楽(こま)」は木を削り出して作る「日本こま」とは全く違い、竹製の心棒に布性の幅広のヒモ(高級品は友禅や西陣織の生地)を巻いて作る。中国から伝わったものが元で、宮中の遊びとして残ったものと云われており宮中の女官達が着物の切れ端を使って室内で回して遊んだのが始まりだそうです。
それが市中にもこの独楽が広まり、「お座敷遊び」の一つとして定着し、だんだん庶民にも広がった。    
一時作り手がいなくなったが最後の作り手の縁者の中村さんによって再開される。

独楽はお金が回る・商売が回る、智恵が回る等とも云われ大変縁起が良いとお正月やお目出度いとこには欠かせないものである。

●久のこだわり・・・先日は4チャンネルの朝の「美の京都遺産」に紹介されました。綺麗な歴史ある映像に大変詳しい解説がいつもながら素晴らしかったです。
京真田紐の江南さんとコラボして京独楽付きのストラップも作っています。

IMG_2579.jpg


京野菜をモチーフにした京独楽には驚きましたが、キチンと回っていました。

IMG_2584.jpg


店内には数百円の独楽から金・プラチナ・金襴・西陣織の超高級品まであります。
「二条城」から歩いてもスグですから皆さまも「世界遺産  二条城」に行かれた折は少し足を延ばしてみては如何ですか!!

以前、「久」は料亭に行った時 大きな西陣織の「京独楽」に驚いたことを鮮明に思い出します。     
現当主は老舗ではアラフォーの超若手です。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

「したたり・亀廣永(かめひろなが)」 夏の涼菓・菊水鉾献上菓子

「したたり・亀廣永(かめひろなが)」 夏の涼菓・菊水鉾献上菓子
IMG_2433.jpg

中京区 高倉通蛸薬師上がる西側   075-221-5965
阪急・地下鉄・市バス「四条烏丸」 徒歩6分
地下鉄「御池烏丸」 徒歩6分


創業は京都の他の老舗ほど古くはないが、この「したたり」で大人気の和菓子屋さんである。以前は夏季だけでしたが、顧客の要望が多いので現在は年中売っています、が予約をしたほうが確実です。安くて美味しく「久」のお気に入りのひとつです。

菊水鉾は能楽・枕慈童の曲に菊の露の「したたり」を呑んで七〇〇歳の長寿を保ったという中国の故事に因んで作られた鉾です。近年まで町内にあった「金剛能楽堂」の庭内には洛中名水一 「菊の井」と云う井戸がありました。  祇園祭にはにはこの井戸に因む菊水鉾が建ち、このお菓子は能楽・菊の露「したたり」にあやかって作られた不老長寿の銘菓です。・・・亀廣永の説明より-

●久のこだわり・・・「したたり」は本店・菊水鉾(14日~16日)・祇園の老舗料亭のデザートで買え・食べられますが、昨年からは京都高島屋「銘菓百撰」で数量限定で売っています。
・・エクボの素敵なパートの青木おばさんがいる売り場・・
冷蔵庫・冷凍庫でキンキンに冷やしてほうじ茶か番茶で食べるのが最高です。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

「幸楽屋  金魚鉢・・夏の人気の涼菓」

「幸楽屋 金魚鉢」

幸楽屋 金魚鉢
北区 鞍馬口通烏丸東入る新御霊口町
075-231-3416 定休・日曜
地下鉄、市バス「鞍馬口」徒歩4分


「幸楽屋」さんは創業昭和23年(1948年)の和菓子屋で、超老舗と云うわけではないが、
色々に研究を重ね人気の和菓子を生み出しています。
なかでも人気の「金魚鉢」はお菓子の中に金魚が泳いでいるようで、
夏の涼菓として人気で初めてこの様なスタイルを考えだし商標登録もしているそうです。
現在、ドイツの若い娘さんが弟子として働いています。先日もテレビで紹介されました。
教えてもらったことをノートに絵と漢字を交えた日本語で書いていたのには、
ただただ驚きでこんなに繊細で美しく季節感のあるお菓子は和菓子だけだと云っていました。


●久のこだわり・・・この近くには歴史のある「上御霊(かみごりょう)神社-応仁の乱の元になった由緒ある神社-」があります。
ここの和菓子はたくさんの種類がありますが、いずれも大変リーズナブルです。
「金魚鉢」も一つ230円だったとおもいます。
京都高島屋の「銘菓百撰コーナー」でも数種類販売しています。
このコーナーにはエクボの可愛いおばさんの人気者「青木」さんがいますので、
困った時は是非、相談してください。
京都のみならず、全国のいろんな和菓子を紹介してくれます。
***但し、火曜日はお休みです。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

「浜土産(はまづと)-夏季限定の人気の涼菓子・亀屋則克」

「人気の涼菓子・亀屋則克」

P1120456.jpg
三条堺町中京/三条堺町上がる東側

昔ながらの商売方法で京都では知る人ぞ知る人気の「亀屋則克」さんに
待望の限定の涼菓「浜土産」(5月後半~9月)が登場しました。
生菓子や干菓子も人気ですが・・
蛤に琥珀糖(寒天・砂糖)と一粒の浜納豆を入れ防腐作用のある桧(ヒノキ)葉が
添えられています。冷蔵庫でキンキンに冷やして食べると最高です。

●久のこだわり・・・店はこの本店だけしかなく他店のようにいろんな所では買えません。
 「久」は特別のお土産の時は籠に入れてもらい持って行きますが、大変喜ばれます。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

「開化堂―老舗の手づくりの茶筒店」

「開化堂―老舗の手づくりの茶筒店」

P1120254.jpg
河原町六条東入る北側
075-351-5788
市バス「河原町五条」「河原町七条」 徒歩5分


一貫した手づくりの茶筒の最古級の老舗です。
フタを茶筒の口に合わせるとスッと閉まる技術は驚きものです。
銅やブリキの素材を生かした茶筒は使い込む内に 素材独特の色の変化が楽しめます。

P1120259.jpg

●久のこだわり・・・次の5代目当主の30歳半ばの息子さんは茶筒の匠の技を生かして
色々な品を考案しています。
今春のフランス「メゾン・ド・パリ」展では 「スパゲティ入れ(一人前・二人前の計量リング付き)」「コーヒー入れ(計量スプーン付き)」等の商品が大人気でした。
匠の技を生かし現在のライフスタイルに使えるものが絶対に人気となると「久」は思っています。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村
プロフィール

久

Author:久
生年・出身
1947年4月生まれ
兵庫県出身

趣味
京都ぶらぶら歩き、美術鑑賞

経歴
大学卒業後 大手百貨店入社 京都店に勤務
バイヤー・宣伝部(各展覧会、日本伝統工芸展担当)等を担当する。

●京都は歴史と伝統に溢れていますが、それは大路・小路を自分でぶらぶら歩いてみると実感できます。これまでの経験を基に、色々な先生 老舗の方 匠の職人 友人等の協力を得て京都ぶらぶら歩きの「ブログ」をアップします。

最新記事
にほんブログ村
ぽちっと押してね♪
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。