スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「したたり・亀廣永(かめひろなが)」 夏の涼菓・菊水鉾献上菓子

「したたり・亀廣永(かめひろなが)」 夏の涼菓・菊水鉾献上菓子
IMG_2433.jpg

中京区 高倉通蛸薬師上がる西側   075-221-5965
阪急・地下鉄・市バス「四条烏丸」 徒歩6分
地下鉄「御池烏丸」 徒歩6分


創業は京都の他の老舗ほど古くはないが、この「したたり」で大人気の和菓子屋さんである。以前は夏季だけでしたが、顧客の要望が多いので現在は年中売っています、が予約をしたほうが確実です。安くて美味しく「久」のお気に入りのひとつです。

菊水鉾は能楽・枕慈童の曲に菊の露の「したたり」を呑んで七〇〇歳の長寿を保ったという中国の故事に因んで作られた鉾です。近年まで町内にあった「金剛能楽堂」の庭内には洛中名水一 「菊の井」と云う井戸がありました。  祇園祭にはにはこの井戸に因む菊水鉾が建ち、このお菓子は能楽・菊の露「したたり」にあやかって作られた不老長寿の銘菓です。・・・亀廣永の説明より-

●久のこだわり・・・「したたり」は本店・菊水鉾(14日~16日)・祇園の老舗料亭のデザートで買え・食べられますが、昨年からは京都高島屋「銘菓百撰」で数量限定で売っています。
・・エクボの素敵なパートの青木おばさんがいる売り場・・
冷蔵庫・冷凍庫でキンキンに冷やしてほうじ茶か番茶で食べるのが最高です。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

久

Author:久
生年・出身
1947年4月生まれ
兵庫県出身

趣味
京都ぶらぶら歩き、美術鑑賞

経歴
大学卒業後 大手百貨店入社 京都店に勤務
バイヤー・宣伝部(各展覧会、日本伝統工芸展担当)等を担当する。

●京都は歴史と伝統に溢れていますが、それは大路・小路を自分でぶらぶら歩いてみると実感できます。これまでの経験を基に、色々な先生 老舗の方 匠の職人 友人等の協力を得て京都ぶらぶら歩きの「ブログ」をアップします。

最新記事
にほんブログ村
ぽちっと押してね♪
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。